日産フィガロ

No.2767 【今日の車】 東京ヌーベルバーグ 「日産フィガロ」自動車免許を持っていないのに、ある車が欲しくて一度だけ免許を取ろうかどうかと考えたことがある。日産からフィガロが発売された時だ。日産フィガロは今までにないデザインの限定車で、おれみた…

スタイルカウンシル

No.2765 【今日の1枚】 あの頃を思い出す名盤 スタイルカウンシル 「CAFE BLEU」30代から40代の10年間、ジャズを除いて一番よく聴いた洋楽の1枚はスタイルカウンシルの名盤「CAFE BLEU」だ。スタイルカウンシルは1982年に結成されたイギリスのポップロック…

明治ストロベリーチョコレート

No.2764 【今日の菓子】 毎日食べていた1枚 「明治ストロベリーチョコレート」食べてすごく美味しい、明日も食べたい、と思ったのは明治ストロベリーチョコレートだろうか。この味はブラックチョコレートとは別の意味で大好きだった。初めてストロベリーチ…

サクマ式ドロップスとサクマドロップス

No.2763 【レトロスペクティブ】 どちらも美味しい 「サクマ式ドロップとサクマドロップ」缶に入った「サクマドロップス」だが、実は「サクマ式ドロップス」と「サクマドロップス」の2種類あるのをご存知だろうか。おれはサクマ式ドロップスと言うのが正し…

明治ブラックチョコレート

No.2762 【今日の菓子】 苦さが魅力の大人チョコ 「明治ブラックチョコレート」ミルクチョコレートはあまり好きではない。食べないことはないが自ら進んで買うこともない。板チョコで一番好きだったのは明治のブラックチョコレートだ。ブラックチョコレート…

ミスタードーナツ箕面店

No.2761 【今日のレトロ店】 箕面市の自慢 「ミスタードーナツ 箕面店」記念すべきミスタードーナツ日本1号店は昭和46年に大阪府の箕面市に誕生した。我が町である。中学2年の時に箕面に引っ越してきたおれはこの町のミスタードーナツが1号店であることを…

不二家LOOK

No.2760 【今日の菓子】 多彩な味が楽しい 「不二家LOOK」おれがかなり小さな頃から印象の強いチョコレートは不二家の「LOOK(ルック ア・ラ・モード)」だろうか。小学校のハイキング等には必ず1箱買っていた。歴史の古いチョコレートなのに発売当時のLOOK…

綿菓子製造マシン

No.2759 【レトロスペクティブ】 わかりやすいメカニック 「綿菓子製造マシン」昔は駄菓子屋とかゲームセンターの片隅に置かれていたのが綿菓子製造マシンだ。料金は確か20円ぐらいではなかったか。お金を入れると機械の中央部の円柱の筒よりザラメ状の砂糖…

森永ハイクラウン

No.2758 【今日の菓子】 当時最高の大人なチョコ 「森永ハイクラウン」これからしばらく、おれが好きだったチョコレートの特集をしたい。まずは森永ハイクラウンだ。森永製菓が洋風煙草の箱をイメージさせたハイスペックなチョコレートを1964年に発売した。…

殿山泰司 JAMJAM日記

No.2757 【今日の1冊】 脇役の中の脇役 殿山泰司「JAMJAM日記」自らを三文役者と呼び、日本映画を永く支えたバイプレイヤー殿山泰司(故人)の渋くて笑える日記。誰でも一度は映画やドラマで見かけたことのあるクセの強い俳優の殿山泰司は外見とは異なりミ…

山崎製パンのブッセ

No.2756 【今日の菓子】 いくつも食べたくなる菓子 「山崎製パン ブッセ」 コンビニに行くたび、売っていたら買ってしまうのが山崎製パンのブッセだ。ついついあるだけの種類を買う。 山崎製パンのブッセはふわふわのスポンジ生地の丸いケーキに、カスタード…

6月の花 紫陽花

No.2755 【6月の花】 雨に濡れた美しい花 「紫陽花」花の中では紫陽花が一番好きだ。初夏の前の梅雨時期を代表する花としては色も形もいい。紫陽花と言えば梅雨の雨の花のイメージがある。雨露に濡れる紫陽花ははかなくて叙情的だ。紫陽花の色は 青紫、ピン…

京都名物 八ツ橋

No.2754 【今日の菓子】 シナモンの味がたまらない 「京都名物 生八ツ橋」京都に行った人から一番多く頂くお土産は「生八ツ橋」だ。株式会社美十の販売している生八ツ橋は「おたべ」と呼ばれているが同じものである。米粉に砂糖やシナモンを混ぜて餅状態の生…

服部天神 果琳珈琲店

No.2753 【今日のレトロ店】 コーヒーもケーキも美味しい 「服部天神 果琳珈琲店」阪急服部天神駅は高校3年間使用した駅だが、卒業後も年に1回は1月10日前後に服部戎(えべっさん)に参拝していた。えべっさんに参拝した後に必ず寄っていた喫茶店が近くに…

ブルボン ホワイトロリータ

No.2752 【今日の菓子】 安くて質の高い菓子 「ブルボン ホワイトロリータ」昔は東ハトやブルボンの袋入り菓子がおやつだった。中でもブルボンのルマンドとホワイトロリータは特に好みで、コーヒーに相性のいい菓子だったんだ。特にホワイトロリータは袋入り…

竹村文近 はり100本

No.2751 【今日の1冊】 東洋医学は効く 竹村文近・著「はり100本」40歳の時、サラリーマンを辞めて整体学校に入学し、1年間指圧やマッサージ、リフレクソロジーを学んで整体師の民間ライセンスを取得して卒業した。その後2年間は塚本の整骨院で働いた。今…

井村屋の水羊羹

No.2750 【今日の菓子】 冷菓としての羊羹なら 「井村屋の水羊羹」和菓子では最中も羊羹もあまり好きではない。なんていうのか小豆=あからさまな甘過ぎる菓子だからだ。おはぎや酒饅頭みたいに一工夫しているならともかく、最中なんて薄皮の中に小豆はどう…

東梅田 喫茶サンシャイン

No.2749 【今日のレトロ店】 「東梅田 サンシャイン」東梅田のわかりにくい所にあるのだが、結構お客が一杯の人気喫茶店がサンシャインだ。おれはたまたまサンシャインを見つけたのだが、東梅田では美味しいと評判の老舗なんだね。何が美味しいってコーヒー…

ドトールのミルクレープ

No.2748 【今日の菓子】 いつまでも色褪せない味 「ドトールのミルクレープ」初めてドトールのミルクレープを食べた時、こんなに美味しいケーキがあるのかい、と思いましたね。それほど衝撃だったな。スターバックスコーヒーは若者に強く支持されているが、…

オピネルのナイフ

No.2747 【おれの愛用品】 フランスの国民的ナイフ 「オピネルのナイフ」料理を作る時は魚を捌いたり肉を切る時は誂えた包丁を使うのだが、鶏肉や練り物にはオピネルのナイフを使っている。オピネルは1890年創業のフランスのナイフメーカーで、その切れ味は…

博多の女

No.2746 【今日の菓子】 美味しい手土産 「博多の女」なぜか昔から福岡銘菓の「博多の女(ひと)」が我が家にはあった。父親が福岡出身だからか、福岡の人の手土産なのかはわからないのだか。博多の女は、小さなバウムクーヘンの中に練羊羹が入っている。発…

阪堺線

No.2745 【レトロスペクティブ】 古いが趣きある路面電車 「阪堺線」阪堺線は新世界の恵美須町から堺の浜寺駅前まで、31の駅を繋ぐ1両だけのレトロな路面電車だ。阪堺線を走る阿倍野界隈は昭和のまま時間が止まったような趣きがあり、そこにある居酒屋や喫…

シュガーバターの木

No.2744 【今日の菓子】 軽いお茶受けに最適 「シュガーバターの木」すごくファンではないけれど、たまに買ってしまうのがシュガーバターの木の「シュガーバターサンド」だ。10個690円と安いし軽いお茶受けにいい。シュガーバターの木は東京銀座のスイーツ店…

珈琲園サモアル

No.2743 【今日のレトロ店】 幸せになれる喫茶店 「五月山 珈琲園サモアル」五月山は池田市と箕面市に連なる山で、このあたりの街は見晴らしの良い高台にある。珈琲園サモアルもそんな場所にある。サモアルは店の窓から夜景が一望できる素晴らしいロケーショ…

阪神名物いか焼き

No.2742 【今日のおやつ】 これも大阪のソウルフード 「阪神名物いか焼き」梅田の阪神百貨店地下にあるフードパークには阪神名物いか焼きが販売されている。以前にご紹介した御座候の横でガラス張りの中で作られているのだ。このいか焼きにはファンが多く、…

坂木司 おやつが好き

No.2741 【今日の1冊】 菓子と銀座への憧れ 坂木司「おやつが好き」Kindle28冊目の本は覆面作家・坂木司のお菓子紹介本「おやつが好き」 だ。おれも愛読している銀座の店舗の情報冊子「銀座百点」に連載していたからか銀座の洋菓子・和菓子を中心に紹介して…

阿倍野だんご本舗のきなこだんご

No.2740 【今日の菓子】 シンプルに旨い菓子 「阿倍野だんご本舗のきなこだんご」和菓子では団子より饅頭の方が好きだ。阿倍野だんご本舗のきなこだんごは数少ない好きな団子だ。きなこだんごは団子にただ甘いきな粉がかかっているだけのシンプルなもの。し…

カフェデュモンド

No.2739 【今日のレトロ店】 店は貴重だったが 「カフェデュモンド」カフェデュモンドはニューオリンズにある喫茶店で、ベニエという小麦の菓子とチコリコーヒーがウリの店だった。ミスタードーナツの経営母体であるダスキンが日本でもチェーン展開していた…

昔マドレーヌ

No.2738 【今日の菓子】 日曜礼拝の菓子の味 「パティスリーフラッグスの昔マドレーヌ」何度か書いているが、神戸のミッション系の幼稚園に通っていた。ミッション系だから土曜日は休みだが日曜日は園内の小さな教会で礼拝があり、園児にはマドレーヌが配ら…

阪急百貨店大食堂のカレー

No.2737 【レトロスペクティブ】 大食堂を代表する料理 「阪急百貨店大食堂の名物カレー」幼少期から、デパートに行ったら大食堂で昼食を食べる習慣が我が家にはなかった。神戸のそごうや三越に行けば南京町の中華料理屋だったし、梅田の阪急百貨店に行く時…