千鳥屋宗家 大納言清澄

No.2704
【今日の菓子】
食感が素晴らしい茶菓子
千鳥屋宗家 大納言清澄」

30代の時に茶道(裏千家)を習っていた。週に1回のお稽古(笑)に通っていたのだが、その茶席で初老の女性師範が供する和菓子が好きだった。

濃茶と共に師範の用意する菓子は普通の生菓子または干菓子か水菓子だが、落雁みたいな干菓子が苦手なおれはいつも水菓子(羊羹等)を期待していた。
ある日の茶席で出された菓子が実に美味しかった。表面は乾いてパリパリしているのに中は小豆のゼリーみたいに瑞々しい。師範に聞くと千鳥屋宗家の大納言清澄という菓子らしい。

それ以来、家で抹茶を点てたり、良い甜茶を入手した時は大納言清澄を購入して茶菓子としているんだ。

f:id:shinsuke19643925:20220412172702j:plain