池田 菓匠福助堂

No.2813
【今日のレトロ店】
絶品和菓子の老舗
「池田 菓匠福助堂」

たまに池田の小林一三記念館に行っていた。ここは阪急電鉄宝塚歌劇の生みの親の小林一三の集めたコレクションなどを展示している美術館だ。普通の美術館に比べて10分の1くらいのスペースしかないが、高級住宅街ならではの静けさが好きだった。

小林一三記念館の作品を見て、館内のカフェでコーヒーを飲んだ後に寄るのが菓匠福助堂だ。創業天保12年(1841年)の老舗福助堂の和菓子はどれも美味しいが、おれは鶯餅が一番好きだった。

深夜に福助堂の鶯餅を食べながら、高級な玉露を飲み、泉鏡花など純文学を読むのは至福の時間だった。