京都名物 八ツ橋

No.2754
【今日の菓子】
シナモンの味がたまらない
「京都名物 生八ツ橋」

京都に行った人から一番多く頂くお土産は「生八ツ橋」だ。株式会社美十の販売している生八ツ橋は「おたべ」と呼ばれているが同じものである。

米粉に砂糖やシナモンを混ぜて餅状態の生地にしたものに餡を包んだ軟らかいもので美味しい。ちなみに生八ツ橋と同じ生地を焼いた瓦煎餅的な物は生の付かない「八ツ橋」と言う。

生八ツ橋はシナモン(日本的な名称はニッキ=肉桂)がポイントの和菓子なので、シナモン好きなおれはたまらない。たまに京都に遊びに行った時に買う時があるが、あっと言う間に食べてしまう銘菓なんだね。