常盤新平 銀座旅日記

No.2735
【今日の1冊】
人の行動は様々だ
常盤新平「銀座旅日記」

作家や文化人の日記が好きだ。人の秘密が知りたい、と言うよりも、行動と食べに行った店、読んだ書籍等に興味があるからだ。意外に作家や文化人の日記は多く本になっており<日記文学>と呼ばれている。

おれも高校時代から現在まで日記を書いており、それを読み返し、過去の欠点や失敗等に気付くのはこれからの人生に良いことだ。
作家で翻訳家の常盤新平の「銀座旅日記」はいい。雑誌ニューヨーカーの記事に感動し、銀座の老舗の味に舌鼓を打ち、競馬に負けてへこみ、老いた自分に恥じる。実に人間的な日記だ。素晴らしい。

先日、ブックマークしている過去のインターネットサイトの整理をしていたら、40代初めから53歳までの毎日を綴ったブログを見つけた。消されてなかったんだと少し笑えた。笑いたい方は覗いてみて下さい(笑)

https://sky.ap.teacup.com/bookking/