桃屋 江戸むらさき特級

No.2710
【原田家御用達】
これでなければ
桃屋 江戸むらさき特級」

少し変わっているが、おれは自宅で夕食を食べる時はおかずを先に食べてしまう。その後にご飯をお茶漬けや味付け海苔で食べて終わる。この食べ方は京都の老舗料亭の女将さんに教わった。おかずとご飯を分けて単独で食べることで、それぞれの美味しさをより堪能できるということだ。

ご飯を食べる時は圧倒的に海苔の佃煮が多い。その佃煮はタケサンフーズの「小豆島で炊いた柚子こしょうのり」か桃屋の「江戸むらさき特級」と決めている。
しかしなぜかスーパーマーケットから 江戸むらさき特級を見なくなった。あるのは「ごはんですよ!」ばかりだ。このふたつは味が違い、ごはんですよ!、は少し甘くて、江戸むらさき特級はやや辛い。まあ好みの問題かも知れないが。

スーパーマーケットに江戸むらさき特級がないので、仕方なく桃屋のオンラインショップから取り寄せている。こだわりすぎと言われそうだが、おれのご飯の供はあの独自の瓶の形の江戸むらさき特級なのである。