渡辺真知子 ブルー

No.2055
【今日の1曲】
歌の上手さはピカイチ
渡辺真知子「ブルー」

1977年に渡辺真知子が21歳でデビューした時、その歌の上手さと声量、そして何より作詞作曲も自分で手がけていることに驚いた。同世代の歌手の中では庄野真代と共に抜きん出ていた。

デビューした後の数年はどの曲も素晴らしく、どれが良いかと聞かれると難しいが、おれは1978年の3枚目のシングル「ブルー」を挙げたい。

あなたは優しい目
だけど とてもブルー
凍りついてしまうほど
抱きしめて だけど
とてもブルー
あの娘の代わりと
わかっているから
呼び出したのに
黙ったままね
気になるけど 知らぬふり
とりとめのない心
人はどう癒してるの
あなたと私いつも
中合せのブルー

新人歌手が作詞と作曲をして、ここまで歌の上手い人も珍しい。それでもシンガーソングライターと名乗らずに<歌手>としているところが潔いし、好きだな。

【ブルー】
https://youtu.be/Myw1rRN_pMg

【ブルー 生歌唱】
https://youtu.be/09y-p_RYqu0

かもめが翔んだ日
https://youtu.be/TusYV5oUdV0

唇よ、熱く君を語れ
https://youtu.be/ohgZDw2cnjA

f:id:shinsuke19643925:20210727165103j:plain